MENU

事業内容-仮

平板載荷試験

試験地盤面(基礎底面)まで掘削し、直径30cmの円型の鋼製載荷板に重機等を反力として荷重を加え、沈下量を測定するものです。
実際に荷重をかけて試験することにより、地盤の支持力特性が比較的分かりやすく、構造物の直接基礎の設計に多く利用されています。

地盤改良工事

柱状改良工事

軟弱な地盤を水とセメント系の固化材で混合攪拌して固め、地中に柱状の改良体を作ります。その上に基礎を施工することによって建物の沈下を防ぎます。径はФ500mm、Ф600mmが住宅用で多く使われます。

表層改良工事

さく井工事

エアハンマー・ロータリー・パーカッション等の各工法によって井戸の掘削をします。

不同沈下修正工事

住宅やビル等が不同沈下して傾いた時にジャッキアップ等により傾きを修正します。

鋼管杭圧入工法

特徴
  1. この工法の最大の特徴は、基礎地中で、掘削土の搬出、資材機材の搬入、そして一連の作業などを行うので、住居住人は普通の生活をしていても、家の修復ができます。
  2. ジャッキを地盤に圧入された鋼管杭と基礎下面の間にセットし、油圧モーターにより圧力をかけ、各沈下量に応じて圧力調整し、全面同時にジャッキアップを行います。1ケ所でバルブ操作をするので基礎の歪みや、ネジレによる基礎コンクリートのひび割れが少なくて済みます。
施工手順

1.鋼管杭配置計画に基づいて基礎下を掘り、長さ1m程の鋼管杭とジャッキが入るようにしておく。

2.基礎下に鋼管杭を立て込んでジャッキを装置し、圧力をかけると杭は、建物基礎を反力に地中に押し込まれていく。

3.ジャッキの働きいっぱいまで押し込んだら、ジャッキを緩め、その頭部にヤットコをかまし、さらにジャッキを操作して鋼管を圧入していく。

4.鋼管が全部入り込んだら、その上に同じ長さの鋼管杭をのせて溶接し、手順2、3を繰り返し、支持層まで圧入していく。

5.全ての鋼管杭を支持層まで圧入できたら、全部の鋼管杭の上にジャッキをセットし、仮受けします。

6.セットした複数のジャッキに、同時に油圧モーターにより圧力をかけ、建物を浮上させます。

7.建物各室の状態をチェックし、個別にジャッキを操作してレベルの微調整を行い、ビース鋼管を継ぎ、ジャッキを外します。

8.埋め戻しを行い、モルタルを基礎下まで充填して終了します。

contactお問い合わせ

日建エンジニアリングへのご意見・お問い合わせ・資料請求は、
お電話または、お問い合わせフォームからお願い致します。